飲食店のアルバイトをして、余りにも料理がおいしくて食べ過ぎてしまい、見事に太ってしまいました。

飲食店のアルバイトで太ってしまった体験談
飲食店のアルバイトで太ってしまった体験談

飲食店のアルバイトで太りました。

私は大学生の時に何かアルバイトをしなければならないと思って、早速アルバイトを探してみました。
そしたら自宅近くに新しく飲食店がオープンすると言うことで、早速そのオープンするという場所に行ってみました。
その飲食店では大学生のアルバイトも募集していたため、私はオープニングメンバーとして働けると思い、その飲食店に応募することにしました。
そしたら見事採用されて、オープニングメンバーとして働く事になりました。
そんな最初に採用されたので、私はフロントスタッフとして働くだけではなくて、キッチンでも働く事になるなど、いろんな所でマルチな仕事を担当することになりました。
非常にやりがいがあって、何でもこなせるアルバイトに成長していきました。

それから新商品のメニューが出る度に、私はその新商品が社食としていただけることになりました。
社食としても食べるし、試食としても食べるしで、朝、昼、晩と関係なく食べ続けるような生活になってしまいました。
そのメニューがどれもとっても美味しく、私はついつい食べ過ぎていたのでした。
そんな生活をずっとしていたせいか、いつの間にか激太りをしてしまいました。
やはり美味しい物をずっと食べ続けたからに違いありません。新規開発メンバとしてアルバイトであるにも関わらず、任せていただいたこともあり、非常に張り切って食べておりました。
この味でもないし、もっと味に深みを与えた方がいいのではといろんな調味料を混ぜたりして研究しながらお店のために頑張っておりました。
その開発をした中でも非常に美味しかったのがハンバーグでして、ひどいときは1日3枚もハンバーグを食べたりしていたのでした。
やはりお肉類の食べ過ぎは脂肪になるだけで、それも深夜に食べたりしていたのがいけなかったのだと今では非常に反省しております。
私はこのアルバイトを辞めてから自然と痩せましたが、やはり食べ過ぎには今後も気をつけなければいけないなと思ったのでした。